キャスター ドラマ 子供 スッキリ プリキュア シーズン テレビ朝日 ステーション ストーリー" />
So-net無料ブログ作成

相棒最終回に批判殺到!相棒史上最悪シナリオ回の評価 [ドラマ]

テレビ朝日系ドラマ「相棒」のシーズン13の最終回の内容があまりにもひどいとファンの間で批判が殺到している。



水谷豊演じる杉下右京警部の3代目の相棒が実は有名な暴行犯だったことがわかり逮捕される、という結末だったからだ。



右が犯人の甲斐享。





出典



天才的頭脳を持つ警部が、一番近くにいた相棒が実は犯罪者ということを3年間も見抜けなかったのである。



さすがにこの展開についていけない人も多かったらしく、その直後の「報道ステーション」キャスターの古舘伊知郎ですら「相棒」の終了に関するコメントで噛んでしまうくらい動揺していたようだ。


スポンサーリンク










当然ネットでは今回のストーリーについてコメントが多く寄せられており、



「夢オチに近いと思うくらい、何だかスッキリしなかった。」



「過去の話に伏線が全然無いし唐突すぎる。」



「3年間をすべて台無しにしたね。」



「ドラマを支えてきた役者の皆さんが気の毒に思えてしまう脚本と演出でした。」



最終回である。



ドラマチックな展開が必要なのはわかる。



だが、この展開はないだろう。



相棒と信じていた人間が、実は相棒ではなかったのだ。



 



プリキュアだったら、最終回、今まで一緒に戦ってきたキュアフローラが実はディスダークの一員で、最後にプリキュアにやっつけられるという展開。



小さい子供だったら泣くぞ。


こちらも合わせてどうぞ。

次くるトレンドキーワード






スポンサーリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


日記・雑談 ブログランキングへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。