コーチ 胸元 沖縄 オープン ドリンク 日本ハム シュート" />
So-net無料ブログ作成

斎藤佑樹 2015オープン戦 ヤクルトがとった作戦とは [スポーツ]

沖縄・浦添で行われたヤクルトとのオープン戦に5回から3番手で登板した日本ハム・斎藤佑樹投手(26)日、4回2失点だったものの対戦相手からは称賛の声があがったらしい。



毎年毎年密かに期待されつつも、結果を出せない齋藤だが、今回の投球内容についてはまずまずだったように思える。



だが、その背景にはある作戦が見え隠れする。






出典



まずは4番に座った雄平。



「本当によかったですよ。直球も変化球もしっかり腕を振って投げ込んでくる。あれをやられると打者は本当にイヤ。抜き気味のスライダーには何人もタイミングを外されています。リリースまで区別が付かないから、体が前に突っ込んでしまうんですよ」。


スポンサーリンク










杉村打撃コーチ



「右打者の胸元にシュートを投げて体を起こし、抜いたスライダーは低めにきていた。高低がしっかり使えていた。投球の幅が広がったという印象。先発としてやれるかどうか? オレはいけると思う」



 



騙されちゃいけない。



これって、そう言っておいて、交流戦なんかで齋藤をマウンドに立たせるための罠だ。



「あいつはすごいなあ、うちじゃ打てないわ」



という情報を流しておいて



実際マウンドに立った日にはボコボコにしてしまおうってわけだ。



作戦名



「褒め殺し作戦」



栗山監督、ダマされるな。


こちらも合わせてどうぞ。

次くるトレンドキーワード






スポンサーリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


日記・雑談 ブログランキングへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。