平井堅 チャート Year ドリンク ディスク キッチン 渋谷 おじさん クリスマス トランス" />
So-net無料ブログ作成

水曜日のダウンタウン バレンタイン・キッスはこんな曲 [音楽]

もはやバレンタインデーのド定番ソング「バレンタイン・キッス」。

発売されて30年も経つが、どんな曲か詳しく知らない人もいると思うので、詳しく調べてみた。




「バレンタイン・キッス」

国生さゆりwithおニャン子クラブ


秋元康作詞


瀬井広明作曲


1986年2月1日発売


第1回 日本ゴールドディスク大賞 The Best Single Of The Yearを受賞。




当時中高生に絶大な人気を誇っていたおニャン子クラブの中でも人気のあった国生さゆりのデビュー曲である。



あの頃はダントツの人気でめちゃくちゃ可愛かった。



まさかその後こんな人生を送るとは思っても見なかったが。



本曲はクリスマスにおける山下達郎の「クリスマスイブ」と共に、一大年中行事と化した2月14日のバレンタインデーの季節には定番の曲として毎年どこかで耳にする。


スポンサーリンク










 



ほかにもバレンタインデーの曲として



Perfume「チョコレイト・ディスコ」



倉沢淳美「涙のバレンタインデー」



SKE48の「チョコの奴隷」



HKT48の「お願いヴァレンティヌ」



があるらしいが、おじさんは全く知らない。



 



歌詞のサビの部分では「バレンタインデー・キッス」と繰り返されているため、



「この曲のタイトルは?」



ときかれると



「バレンタインデー・キッス」



と答える人が圧倒的に多いが、



曲のタイトルは



「バレンタイン・キッス」



であったりするから驚きだ。



 



その後、この「バレンタイン・キッス」は様々なバージョンで出されることとなる。



2007年 国生自身によるリメイク版『バレンタイン・キッス 2007』



2008年1月16日「バレンタイン・キッス 2008」としてCD発売。



2010年2月1?5日、8?12日 『ピラメキーノ』の「ピラメキたいそう バレンタインバージョン」



2009年2月14日 『中学生日記「バレンタインの放課後」』で国生が「バレンタイン・キッス」の歌詞を朗読。



2011年2月14日 国生さゆり with 渡り廊下走り隊7とコラボ



2012年2月13日 乃木坂46とのコラボ



 



また、カバーした歌手も数多い。 



キッチンゴリラ、 後藤沙緒里 、益若つばさがメインボーカルを務める「渋谷トランス向上委員会」、 広瀬香美、矢口真里、 AKB48、渡り廊下走り隊7、平井堅




これだけのロングセラーである曲であるが、発売当初は意外とそうでもない。



チャート最高順位



週間2位(オリコン)



1986年度年間14位(オリコン)



まさかここまで歌い継がれるとは誰が想像したか。



秋元康もこの曲だけでどれだけ儲けたかと思うと、羨ましい限りである。



こちらも合わせてどうぞ。

次くるトレンドキーワード






スポンサーリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


日記・雑談 ブログランキングへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。